Google アナリティクス設定の落とし穴

※ 当ブログはアフィリエイト広告を掲載しています。

スポンサーリンク

この記事は、おおよそ 1分32秒 で読めます。

Google アナリティクスのリアルタイム表示で、いま閲覧している人がいるとうれしいものです。

閲覧数が多いサイトなら、アナリティクスを開くたびにリアルタイムの閲覧者はいるのでしょうが、なにせ閲覧数が少ないサイトですから、見かけると今日はいいことありそうなくらいラッキーな気持ちになります。

というわけで、日に1回くらいアナリティクスを開くのですが、昨日、開いたところ、なんと過去30分間のユーザーに3人もいるではありませんか。めずらしい!で、何気に自分もアクセスしてみると4人に。あら、どういうこと?GA4 に移行した際、きちんと自宅からの閲覧を除外するために IP の除外設定を UA 同様に入れたはずなのに・・

GA4 に移行した際、この除外設定がけっこうわかりずらかったです。いろいろなサイトを参考にさせていただき設定しました。で、記憶をたどって設定画面を見てみると、IPv4 も IPv6 も設定されています。設定されているのになんでだろうと思いながら、スマホ(自宅 Wi-Fi)などでアクセスを増やしていくと閲覧者が増えます・・明らかに除外されていません。

しばらく考えて、もしかしてと思ったら一発で解決しました。設定していた IP アドレスを見直したところ、現在の IP アドレスとは異なっていました。除外されるわけがありません・・

そういえば先日、ネットの調子が悪かったので、光 BB ユニットを再起動したばかりでした。そうです、再起動した際にグローバル IP が変わっていました。グローバル IP は固定されているわけではないので、すっかり盲点でした。今までもネットの調子が悪くなくとも月に1回くらいは再起動しているのですが、そのたびに変わっていたんでしょうね。

光 BB ユニットを再起動したら、IP アドレスを確認して IP 除外の再設定をしなければならないとは面倒です。再起動などしたくはないのですが、たまにネットが不調になり再起動すると直るので、それで対応していたのですが、調子がよい時には再起動などしないほうがよさそうです。

Google アナリティクス設定の落とし穴
Google アナリティクス設定の落とし穴
スポンサーリンク
無料イラスト素材【イラストAC】

※ 当ブログは、Pochippのサービス販売事業者より委託されて広告表示している広告事業者です。

WordPress
スポンサーリンク
シェアする
tarminoをフォローする
たーみのログ – 新館 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました